時間と心に余裕をもって運転すれば事故発生確率は確実に半減

バイク事故撲滅願う市川じゅんが気を付けたい運転紹介サイト

バイク事故撲滅願う市川じゅんが気を付けたい運転などを書いていく紹介サイト

時間と心に余裕をもって運転すれば事故発生確率は確実に半減。

読了までの目安時間:約 4分

 

あなたは交通事故を防ぐために心がけていることは何ですか?

 

私はとにかく余裕をもって運転するということを心がけています。

以前私は恥ずかしながら交通事故の常連さんでした。。。

 

運転が下手くそで、さらに注意力も散漫。

 

いつもこの道はこの速度で通れば大丈夫だろうとか、寝坊した間に合わない急げーー!という感じで走ったり、注意せず無理な運転をすることによって何度もなんども交通事故をすることとなりました。

 

バイク事故で入院したこともあります。

 

何回も何回も事故をすることで、けがもしてきましたが、気づいたこともあります。

 

 

それは・・・

 

事故をしないためには交通ルールを守るのは当然の事のことですが、それとプラスで余裕をもつことがすごく大事だということに気づきました。

 

交通事故をしたときにこれくらい大丈夫かっていう意識や安全に配慮するほどの余裕がないために交通事故は起こるように思います。

 

また時間もすごく大事。急いでいたら、いつも注意するところでも見落としたり。

 

運転が上手・下手というのは関係なく、余裕をもって交通ルールを守るというのが絶対に大事です。

 

時間や心に余裕をもつことで、相手の配慮をすることができます。

 

相手に道を譲ってあげたり、もしもここに車やバイクがでてきたらどうしようかと一瞬でも考えて行動する時間ができます。

 

いつも大丈夫だったから、今回もといかないのが道路です。

 

私有地のただっぴろい道路でもない限り、誰が走っているか分かりません。

交通違反をバンバンにしている人がスレスレで走ってくるかもしれません。

 

危険になる直前ではなく、危険になる何歩も手前から危険回避ができるほどの余裕を持つことが何よりも大切だと思います。

 

 

まとめ

 

交通事故を起こす起こさないに運転の上手下手は関係ない。

ドライバー・ライダーの気持ち一つで事故をするかしないかは大きく変わります。

 

道路を走って対面するドライバー・ライダーが同じ気持ちで余裕をもってルールを守っていれば事故は基本的には起こらないもの。

 

でも相手のドライバー・ライダーが交通ルールを守っていなかったり、まったくよそ見して注意していなかったら、それを回避しないことには事故を起こしてしまいます。

 

相手が100%悪かったとしても事故は起こしたくないものですしね。

 

自分自身も相手がやってるから自分もとなってしまうと相乗効果で事故になる確率は2倍・3倍と膨れ上がります。

 

そうならないように、自分だけでもまず注意。

 

時間と心に余裕をもって、相手の事もカバーしてあげる気持ちで運転する。

 

それが交通事故を起こさない秘訣だと思います。

 

 

 

未分類

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る